大正7・8年頃の西2条5丁目
明治38年、鉄道の根室本線帯広駅が開業すると、駅を中心に西2条に商店が建ち並ぶようになった。
null rekishi1-2.jpg
平坦な十勝平野は、方形に区切られた殖民区画に従って馬車の通行路が造られていった。やがて農産物の販売が増え、鉄道が開通すると帯広の町は十勝のなかの交通、物流の中核的存在となっていった。根室本線鉄道、網走線鉄道に続き士幌線、広尾線と鉄道が開通して、沿線では新駅付近にたちまち市街地が出現し、社会構造に大きな変化をもたらし、地域文化をつくり上げた。この頃、各府県から新天地を目指してきた住民は進歩的な開拓者精神をもとに、広い十勝に馴染み、故郷とは異なった生活習慣を乗り越えて連帯を強めながら十勝にふさわしい寛大で新しい郷土性を創造していった。


大正末期~昭和初期の大通南4丁目付近
明治27年に大通りが区画され、帯広の中心通りとして発展してきた。広い道は歩行者や自転車が主役の道路であった。
null rekishi1-2.jpg
明治2年、蝦夷地は北海道と改称され、開拓使を設置して全道を11か国に分け、十勝は7郡に分けられた。この頃、道路の開削が進み内陸部に入地者を迎えると、十勝は急速な発展を見せ、さらに鉄道がこれを助勢。鉄道沿線から開拓は広がりを見せ、十勝の各地に人口が増加すると駅を中心に市街地が形成され、旅館、雑貨商、料飲店が軒を並べた。


昭和6年の西2条南9丁目
満州事変が勃発した昭和6年秋、秋季機動演習で通りを行く連隊。左手のビルは昭和5年に建てられた藤丸デパート。
null rekishi1-2.jpg
第一次世界大戦後、日本にとって大きな過度期であった昭和の幕開けは、決して平和への第一歩を踏み出したとは言えず、十勝では豆景気が崩壊し、世界的な恐慌もあって、農業経済も苦しい時代にさしかかり、時代は次第に戦時色に包まれていった。


昭和8年の帯広郵便局
null rekishi1-2.jpg
帯広郵便局は明治25年開局したが、局舎は明治27、29、33年と移転している。大正10年2月に2等局に昇格した帯広郵便局は、翌年には新庁舎を西2条南8丁目に建築した。


昭和31年の広小路
null rekishi1-2.jpg
帯広市街道路舗装が本格化したのが昭和30年からで、大通りと西2条を結ぶ南9丁目線(広小路)は同31年8月に舗装が完成し、商店街は竣工記念大売り出しで賑わった。


昭和33年の帯広駅から西2条方面
null rekishi1-2.jpg
西2条通の藤丸デパートが南8丁目で営業していた。通行の主役はバスト自転車で、乗用車はまだ少なかった。交通安全のキャンペーンが見えるが、横断歩道は明確ではなかった。


昭和34年の帯広ばんえい競馬
null rekishi1-2.jpg
昭和28年帯広市営競馬でばんえい競馬が初めて開催され、その勇壮なレースで一気にファンを魅了してしまった。巨大な馬が直線コースを2ヶ所の障害を乗り越えて走り、ジョッキーたちの駆け引きで様々なドラマが生まれた。


写真提供:郷土出版社